« タイヤがベッテルの勝利の鍵となる | トップページ | 2位入賞、復活ライコネン(ロータス)に笑顔なし »

2012/04/24

エクレストン氏、スペイン2GP交互開催の可能性認める

2011 Scene (C)Ex.Lotus Renault GP
拡大します
スペインの代表紙『エル・パイス』は、FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン代表が来年以降バルセロナ(スペインGP)とバレンシア(ヨーロッパGP)の2グランプリが1年おきの交互開催になる可能性を認めたと報じた。

ヨーロッパのEU(欧州連合)地域を襲った経済危機の影響はF1熱が盛んなこのスペインも例外でなく、両グランプリの主催者はいずれも資金難を訴えているもの。

実現すればヨーロッパ地域でのグランプリがこれによりまた一つ減少することになるが、同代表は「F1は世界選手権であって、ヨーロッパ選手権ではない」と、一部の不満を切って捨てた。

|

« タイヤがベッテルの勝利の鍵となる | トップページ | 2位入賞、復活ライコネン(ロータス)に笑顔なし »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54546622

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、スペイン2GP交互開催の可能性認める:

» スペインGPはバルセロナとバレンシアの交互開催になるのか? [MotorSports]
バレンシアでのヨーロッパGP開催が2012年で終了して 今後はスペインGPとしてバルセロナとバレンシアで交互開催になるかも?との噂が以前にあったが どうやらその可能性が大きくなってきたようで ドイツのニュルとホッケンハイムと同じようになるだろうとのこと スペインの財政状況なども良くないのが原因のひとつのようだが もう一つは 開催場所を増やしていきたいFOMの思惑も大きく関係しているのではないのかと思える ペレスの活躍でメキシコでGPの復活もあるかもしれないとの話もあるし フランスGPがベルギーGPと... [続きを読む]

受信: 2012/04/25 02:56

« タイヤがベッテルの勝利の鍵となる | トップページ | 2位入賞、復活ライコネン(ロータス)に笑顔なし »