« 勝バトン(マクラーレン)、「セーフティカーとDRSが心配だった」 | トップページ | 「マクラーレン優位説」にレッドブル代表が反発 »

2012/03/19

ウィットマーシュ/マクラーレン代表、「もっと圧勝できた」

McLaren Team (C)McLaren Group
拡大します
公式予選ではフロントロウ独占、決勝レースでも1-3位表彰台をゲットするなど王者復活の兆しをみせた感のあるマクラーレン・チームだが、同チームのマーティン・ウィットマーシュ代表は、「本来ならもっと速く走ることができた」と、豪語した。

「実は事前に計算したよりも、実際のレースでは多くの燃料を消費していることがわかった。
そのため、二人のドライバーには燃料を節約すべく走行に制限を指示したんだ。
そのまま走っていると、チェッカーフラッグを受ける前に燃料を使い果たす恐れがあったからね。
だからもしも最初から必要な燃料をきちんと積んでいたなら、彼らはもっと速く走れた筈なんだよ。
そうした意味でもバトンは今回素晴らしいレースをした。
ほんとうならハミルトン(マクラーレン)との1-2フィニッシュも可能だったと思うが、予期せぬセーフティカーの導入で彼には不運だった。
しかし次回はもっと強い週末になることだろう」

|

« 勝バトン(マクラーレン)、「セーフティカーとDRSが心配だった」 | トップページ | 「マクラーレン優位説」にレッドブル代表が反発 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54257746

この記事へのトラックバック一覧です: ウィットマーシュ/マクラーレン代表、「もっと圧勝できた」:

» F1オーストラリアGP(2012 R1) [UKYOのつぶやき]
F1開幕戦オーストラリアGP! [続きを読む]

受信: 2012/03/19 20:03

« 勝バトン(マクラーレン)、「セーフティカーとDRSが心配だった」 | トップページ | 「マクラーレン優位説」にレッドブル代表が反発 »