« コンコルド協定、実はフェラーリ&レッドブルに特別条項? | トップページ | 次戦マレーシアGPではロータスの2台が『台風の目』か »

2012/03/20

ウィリアムズ・チーム、名門復活のきざし明確に

Pastor Maldonado (C)Williams F1
拡大します
かつて幾多のタイトルを獲得してきた名門ウィリアムズ・チームだが、2004年の日本GP(モントーヤ)以来、勝利からは遠ざかったまま。
ここ数年はポイント獲得すら稀という苦境が続いてきたが、開幕戦オーストラリアGPではついに復活の兆しをみせ始めたようだ。

同チームのパストール・マルドナドは昨年のカナダGP以来となる予選最終ピリオドに進出、グリッド8位を獲得。
さらに決勝レース終盤では終始ポイント圏内の6位を好走、そのまま8戦ぶりのポイント獲得なるかと期待させた。
残念ながら最終ラップでの突然のアクシデントによりその夢は潰えたものの、関係者に確かな手応えを感じさせたのは事実。
またこれにより、フォース・インディア、ザウバー、そしてトロ・ロッソらの中団グループに、新たなコンテンダーが加わったと言えそうだ。

|

« コンコルド協定、実はフェラーリ&レッドブルに特別条項? | トップページ | 次戦マレーシアGPではロータスの2台が『台風の目』か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54264172

この記事へのトラックバック一覧です: ウィリアムズ・チーム、名門復活のきざし明確に:

« コンコルド協定、実はフェラーリ&レッドブルに特別条項? | トップページ | 次戦マレーシアGPではロータスの2台が『台風の目』か »