« ウィットマーシュ/マクラーレン代表、「もっと圧勝できた」 | トップページ | コンコルド協定、実はフェラーリ&レッドブルに特別条項? »

2012/03/20

「マクラーレン優位説」にレッドブル代表が反発

Malaysia GP Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2012年開幕戦で予選がフロントロウ独占、決勝レースでも1-3位を獲得したマクラーレン・チームではレース後さらに「もっと支配できた」とマーティン・ウィットマーシュ代表が豪語したが、これに対しレッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表がさっそく「吼えた」。

「去年の例をみても明らかなように、ウチのマシンにはサーキットによって向き不向きがあった。
このアルバートパークはその顕著な例で、たまたま『RB8』に合っていなかっただけ。
マクラーレンのマシンが今年すべてのサーキットで支配できると思ったら大間違いだ。
このままの状況でシーズン最後までいくなんてありはしないことさ」

これについてはベッテル二人のドライバーも同意しているが、それが真実かどうかは今週末マレーシアGPが行われるパーマネントコースであるセパンで明確になることだろう。

|

« ウィットマーシュ/マクラーレン代表、「もっと圧勝できた」 | トップページ | コンコルド協定、実はフェラーリ&レッドブルに特別条項? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54263565

この記事へのトラックバック一覧です: 「マクラーレン優位説」にレッドブル代表が反発:

« ウィットマーシュ/マクラーレン代表、「もっと圧勝できた」 | トップページ | コンコルド協定、実はフェラーリ&レッドブルに特別条項? »