« 初日わずか1周のデ・ラ・ロサ(HRT)、「パーツが遅れた」 | トップページ | P ZeroスリックとCinturatoウェット、メルボルンで走行 (ピレリ) »

2012/03/17

初日最速タイムのシューマッハ(メルセデス)、「有望」

Michael Schumacher (C)Mercedes Motorsports
拡大します
真価が問われる復帰3年目シーズン、その初日でみごとトップタイムを叩き出したメルセデスAMGチームのミハエル・シューマッハは、「有望な証拠」と、素直にこの快挙を喜んだ。

「マシンのハンドリングはすこぶるいいよ。
もちろんこんなコンディションだったから、正確な判断は下せない。
でも今日の2回のセッションが、いずれも僕たちにとって有望だったのは明白なこと。
今の段階から自信があるなんては言わないけれど、チームにとって励みになるものだったことは確かだろう」

またロス・ブラウン代表も、「たった一日が終わっただけでまだ全体の評価を下すことは難しいが、今日の走行には二人とも満足しているのではないか。
この冬、ブラックリーとブリックスワースの全員が懸命に準備してきたことが功を奏しているのならうれしいね」と、語っている。

【訳注】ブラックリーは旧ホンダ・チーム時代からのシャシー工場。
ブリックスワースはメルセデスのエンジン工場。

|

« 初日わずか1周のデ・ラ・ロサ(HRT)、「パーツが遅れた」 | トップページ | P ZeroスリックとCinturatoウェット、メルボルンで走行 (ピレリ) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初日最速タイムのシューマッハ(メルセデス)、「有望」:

« 初日わずか1周のデ・ラ・ロサ(HRT)、「パーツが遅れた」 | トップページ | P ZeroスリックとCinturatoウェット、メルボルンで走行 (ピレリ) »