« 小林可夢偉(ザウバー)、「コンディション変化難しい」 | トップページ | 初日わずか1周のデ・ラ・ロサ(HRT)、「パーツが遅れた」 »

2012/03/17

マルシア&HRTに『予選107%ルール』の脅威

Australian GP Image (C)Ex.Brawn GP F1 Team
拡大します
今シーズン最初となるグランプリ・ウィークの初日セッションが終了したが、この日のタイムでマルシアF1とHRTの2チームが公式予選に適用されるいわゆる『107%ルール』の脅威にさらされている。

これは16日(金)行われたフリー走行初日、午前のセッションではマルシアとHRTが、また午後のセッションでも再びHRTがトップのタイムから107%以上のタイムしか記録できずに終わったもの。
もし両チーム共に欠格した場合、最悪グリッドには20台しか並べないケースも考えられることからFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)でも高い関心を寄せているようだ。

なおHRT(前ヒスパニア・レーシング)は昨年の開幕戦でも決勝レースへの出走が叶わないまま終わっている。

|

« 小林可夢偉(ザウバー)、「コンディション変化難しい」 | トップページ | 初日わずか1周のデ・ラ・ロサ(HRT)、「パーツが遅れた」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルシア&HRTに『予選107%ルール』の脅威:

« 小林可夢偉(ザウバー)、「コンディション変化難しい」 | トップページ | 初日わずか1周のデ・ラ・ロサ(HRT)、「パーツが遅れた」 »