« F1断念バリチェッロ、新天地にインディカーを選択 | トップページ | バルセロナ合同テスト2日目 再びロータス(3/02) »

2012/03/02

エクレストン氏、豪GPに夜間レースの圧力

2011 Scene (C)Mercedes Motorsports
拡大します
オーストラリアの『ジ・エイジ』紙が伝えるところによれば、当地で開催のオーストラリアGPについて、FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン氏が再びナイトレースにするよう「圧力」を掛けているということだ。

現在オーストラリアGP決勝レースは現地時間の午後5時となっているが、これはイギリスのGMT(グリニッチ標準時)では午前6時。
主要な収入源であるテレビ視聴者の数を増やすため早朝の放映時刻を少しでも遅らせたいというエクレストン氏の目論見が見て取れる。

ナイトレースにすることついてオーストラリアGPの主催者は開催コストが増大すること、また環境面にも問題が生じるということで拒否を続けている。
しかしエクレストン氏はこれについて、「私自身はそれを望んでいないが、オーストラリアGPの代わりに開催したいという国はいくらでもいる」と、例により強硬姿勢だ。

なお現行の同GP開催契約は2015年までとされている。

|

« F1断念バリチェッロ、新天地にインディカーを選択 | トップページ | バルセロナ合同テスト2日目 再びロータス(3/02) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54119863

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、豪GPに夜間レースの圧力:

« F1断念バリチェッロ、新天地にインディカーを選択 | トップページ | バルセロナ合同テスト2日目 再びロータス(3/02) »