« フリー走行2回目はシューマッハが最速 可夢偉5番手 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「コンディション変化難しい」 »

2012/03/17

FIA技術責任者、「段差ノーズはいずれ解消へ」

Redbull 『RB8』 (C)Redbull Racing
拡大します
ついに本格スタートした2012年シーズンのF1で昨年ともっとも違いが感じられたのがやはり各チーム共のステップノーズと称される段差付きのフロント部分だ。
一見、昨シーズンのものと変化が感じられないマクラーレンやマルシアを除けば、いずれも大きな段差が目立ち、関係者以外のファンからも「お世辞にも美しいとは言いがたい」と、不評の声が大きい。

これを受け、FIA(国際自動車連盟)の技術部門責任者でアルゼンチンGPチャーリー・ホワイティング氏は、「いずれ近いうちに解消するだろう」と、さらなる規則の変更を示唆した。
それによれば早ければ2013年、遅くとも2014年の規則改定ではこの部分のレギュレーションを考慮するとのこと。
ただ、これにはもちろん安全性が深く関わっていることから、TWG(テクニカル・ワーキング・グループ)の判断にも左右されることになる。

|

« フリー走行2回目はシューマッハが最速 可夢偉5番手 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「コンディション変化難しい」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54239556

この記事へのトラックバック一覧です: FIA技術責任者、「段差ノーズはいずれ解消へ」:

« フリー走行2回目はシューマッハが最速 可夢偉5番手 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「コンディション変化難しい」 »