« 開幕戦オーストラリアGP、今年のDRSゾーンは2か所に | トップページ | レッドブル『RB8』の排気システムに他チームから疑義 »

2012/03/11

F1委員会、ウェット時のタイヤの持ち越し許可へ

Wet Race Image (C)Renault F1 UK
拡大します
FIA(国際自動車連盟)のF1委員会は、2012年のレギュレーションについて一部変更、これを発表した。

それによれば金曜日の両セッション共にウェットと宣言された場合、ドライ&ウェザーそれぞれのタイヤ1セットを土曜日に持ち越すことができるようになる。
これにより、金曜日に不足した周回を土曜日に取り戻すことができるようになる。

またウェットコンディション時、レースディレクターが著しく視界不良と判断した場合、安全のためDRS(可変リヤウィング)の使用を禁止することができるようになる。

さらに特定のイベントにおいて、フリー走行セッションのタイミングに関わらずシーズンを通して休憩時間を一定に確保するため、スタッフに外出禁止令を出すことができるようになる。

|

« 開幕戦オーストラリアGP、今年のDRSゾーンは2か所に | トップページ | レッドブル『RB8』の排気システムに他チームから疑義 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54192155

この記事へのトラックバック一覧です: F1委員会、ウェット時のタイヤの持ち越し許可へ:

« 開幕戦オーストラリアGP、今年のDRSゾーンは2か所に | トップページ | レッドブル『RB8』の排気システムに他チームから疑義 »