« コバライネン(ケータハム)、次戦グリッド降格ペナルティ | トップページ | ピレリ、オーストラリアでの戦略を際立たせる (ピレリ) »

2012/03/19

ロズベルグ(メルセデスAMG)、「最終ラップに悲劇が訪れた」

Nico Rosberg (C)Mercedes Motorsports
拡大します
オーストラリアGP決勝レースでは終盤8位を走行、7位を走るペレス(ザウバー)を追撃してさらなる上位を窺っていたメルセデスAMGのニコ・ロズベルグだったが、58ラップの最終ラップに悪夢が訪れた。
終わってみればたった1周で12位まで転落するという悲惨な結果に終わったもの。

これについて当のロズベルグは、「スタートはうまく行き、グリッド順位(7位)からいきなり3つもポジションを上げることができたんだけど、僕自身のペースが上がらずレースは苦戦を強いられてしまった。
それでも終盤はポイント圏内を走っていたのに、最後に想定外の不運が訪れた。
ストレートでペレスと衝突してしまい、挙げ句タイヤがパンクしてしまったのでスローダウンせざるを得なかったんだ。
たった1周で抜かれに抜かれこれだけポジションを落としたんだもの、悔やまれるよ」と、語った。

また同チームのロス・ブラウン代表は、「いい結果が期待された週末だったが、残念ながらわれわれにとって現実はそうならなかった。
2台共スタートは良かったんだが、路面の状態や温度がわれわれの望むレンジから外れてしまい、十分なパフォーマンスを発揮できなかった。
今日はいずれも予期せぬ不満な結果に終わったが、これらを次に活かしたい」と、語っている。

|

« コバライネン(ケータハム)、次戦グリッド降格ペナルティ | トップページ | ピレリ、オーストラリアでの戦略を際立たせる (ピレリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54256640

この記事へのトラックバック一覧です: ロズベルグ(メルセデスAMG)、「最終ラップに悲劇が訪れた」:

» 最終ラップに何が起きた!? [ヤジウマF1観戦記]
可夢偉,最高のシーズンスタートです 開幕戦を6位フィニッシュという素晴らしい結果... [続きを読む]

受信: 2012/03/19 19:09

« コバライネン(ケータハム)、次戦グリッド降格ペナルティ | トップページ | ピレリ、オーストラリアでの戦略を際立たせる (ピレリ) »