« 最終日最速アロンソ(フェラーリ)、「タイムなんて……」 | トップページ | メルセデスGP、旧型車ながらフロントノーズは2012年仕様? »

2012/02/12

フェラーリ新型車、課題だったタイヤの熱入れに前進

Felipe Massa (C)Ferrari S.p.A
拡大します
ヘレス合同テストでのトップタイム記録にもフェルナンド・アロンソの表情は緩まなかったが、同チームのステファーノ・ドメニカリ代表は「課題だったタイヤの熱入れに前進があった」と、評価した。

昨シーズン、フェラーリ・チームのマシンは新しいセットのタイヤを装着後の熱入れに時間が掛かり、とりわけ公式予選での大事な場面でライバルに後れを取るシーンが再三みられた。
しかし今年の新型車『F2012』ではこのための対策が施されたということで、そうした意味もありテストではもっぱら新しいピレリタイヤとのマッチングに時間を割いていたようだ。
またこの点についてはマッサやアロンソも前向きの評価を与えているという。

|

« 最終日最速アロンソ(フェラーリ)、「タイムなんて……」 | トップページ | メルセデスGP、旧型車ながらフロントノーズは2012年仕様? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53962677

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ新型車、課題だったタイヤの熱入れに前進:

« 最終日最速アロンソ(フェラーリ)、「タイムなんて……」 | トップページ | メルセデスGP、旧型車ながらフロントノーズは2012年仕様? »