« シューマッハとの契約延長望むのはチームのほう | トップページ | ヴァン・デル・ガルデ、ケータハムからGP2シリーズ参戦 »

2012/02/28

FIA(国際自動車連盟)、メルセデス・エンジンの策封じる

Mercedes 『W03』 (C)Mercedes Motorsports
拡大します
FIA(国際自動車連盟)が今年のF1で使用する共通ECU(エンジン・コントロール・ユニット)を改善したことがわかったが、その原因を作ったのはメルセデス・エンジンだったということだ。

これはメルセデスの地元ドイツの『アウトモーター・ウント・スポルト』が伝えたもので、それによればメルセデスは現行ECUのソフトウェアに、ブロウン・ディフューザー効果を高める抜け穴を見出したとのこと。
そしてこれを知ったFIAが直ちに改善された新しいECUを開発しメルセデスの策を封じたのだという。

ただ他チームの関係者によればメルセデスのこの策はエンジンに負担をかけると共に燃費も悪化するので元々ベストとは言えない方策だったと指摘されている。

|

« シューマッハとの契約延長望むのはチームのほう | トップページ | ヴァン・デル・ガルデ、ケータハムからGP2シリーズ参戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54095535

この記事へのトラックバック一覧です: FIA(国際自動車連盟)、メルセデス・エンジンの策封じる:

» ECUの規制でメルセデスはどうなる [予定は未定であって決定ではない]
ECUを共通で使うのなら、どこかのチームがやったマッピングをまねるだけで同じような効果が出るような気もしなくないんだけど、先手を打ってそういうマッピングができないようにしたってコトかな。それにしても、F1チームってレギュレーションで制限してもどんどん抜け道を考えてくるなぁ。... [続きを読む]

受信: 2012/02/28 12:00

« シューマッハとの契約延長望むのはチームのほう | トップページ | ヴァン・デル・ガルデ、ケータハムからGP2シリーズ参戦 »