« 新型車『C31』初ドライブ小林可夢偉、「いい感じ」 | トップページ | ピレリのF1用新型タイヤ、初のテストを迎える »

2012/02/07

F1チーム代表ら、「バーレーンGP開催可否はFIAの判断に」

Monisha Kaltenborn (C)Sauber Motorsport
拡大します
2012年シーズン前最初のテストを控え、F1各チームは開催場所であるスペインのヘレス・サーキットに集結しているが、大きなテーマとなっているバーレーンGPへの参加問題について話し合われている。

これについて新型車発表の場で質問を受けたザウバー・チームのモニシャ・カルテンボーン/CEOは、「私たちは一様にこのバーレーンGPの問題について心配しています。
もちろん無事に行われれば、それが一番です。
しかし実際にレースを開催するかどうかについては、FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)とそしてFIA(国際自動車連盟)の手に委ねられていること。
私たちは彼らの判断を信頼し、そして尊重することでしょう」と、説明している。

2012年のF1カレンダーは、このバーレーンGPを含む全20戦が予定されている。

|

« 新型車『C31』初ドライブ小林可夢偉、「いい感じ」 | トップページ | ピレリのF1用新型タイヤ、初のテストを迎える »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53924697

この記事へのトラックバック一覧です: F1チーム代表ら、「バーレーンGP開催可否はFIAの判断に」:

« 新型車『C31』初ドライブ小林可夢偉、「いい感じ」 | トップページ | ピレリのF1用新型タイヤ、初のテストを迎える »