« フェラーリの新型車、「ユニークだが美しくない」? | トップページ | 『醜い跳ね馬』には革新機構のサスペンション? »

2012/01/14

浜島裕英氏(フェラーリ)、「新たなチャレンジ責任重い」

浜島 裕英 (C)Ferrari S.p.A
拡大します
ブリヂストンタイヤにおいて長年F1タイヤの開発に心血を注いだ浜島裕英(前ブリヂストン・モータースポーツ/開発本部長)は、今回のフェラーリ・チーム入り発表を受けて次のようにその心境を語った。

「フェラーリ・チーム入りというのは自分にとって新たなチャレンジ。
自分をここまで育ててくれたブリヂストンタイヤには恩義を感じているが、社内ではすでに世代交代も確立されており、こうしたことができねるタイミングになったと捉えている。
フェラーリ側からはかねて熱心な誘いを受けていて、熟慮した結果、タイヤと車体との調和という、F1で自分に果たすべき役割があると判断した。
契約は1年間。
責任は極めて重いが、この1年で期待されているような結果を残したい」

|

« フェラーリの新型車、「ユニークだが美しくない」? | トップページ | 『醜い跳ね馬』には革新機構のサスペンション? »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜島裕英氏(フェラーリ)、「新たなチャレンジ責任重い」:

« フェラーリの新型車、「ユニークだが美しくない」? | トップページ | 『醜い跳ね馬』には革新機構のサスペンション? »