« クビサのマネージャー、手術&入院中を認める | トップページ | ピエロ・フェラーリ氏、「F1はヨーロッパの伝統残すべき」 »

2012/01/16

小チームに苦闘するパット・シモンズ氏

Pat Symonds (C)Renault F1 UK
拡大します
かつてベネトンでミハエル・シューマッハのレースエンジニアを担当し、その後はルノー・チームでエクゼクティブ・エンジニアリング・ディレクターの要職を務めるなどしたパット・シモンズ氏(58歳:フランス)だが、新たに就いたマルシアF1チーム(前ヴァージン・レーシング)ではチーム規模の違いに戸惑っているようだ。

「規模の違いには正直驚いているよ。
たとえばいまレッドブル・レーシングでは650人、自分がいたルノー・チーム(現ロータス・チーム)だって550人ものスタッフがいて働いていた。
ところがマルシアでは全員集めてもわずかに170人でしかないんだからね。
それでも小さいチームには小さいチームなりのアプローチがある筈。
われわれはそれを進めていくつもりだし、マクラーレン・チームと提携が出来たことはその大きな手助けになるものと思っているよ」

|

« クビサのマネージャー、手術&入院中を認める | トップページ | ピエロ・フェラーリ氏、「F1はヨーロッパの伝統残すべき」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小チームに苦闘するパット・シモンズ氏:

« クビサのマネージャー、手術&入院中を認める | トップページ | ピエロ・フェラーリ氏、「F1はヨーロッパの伝統残すべき」 »