« ピレリタイヤ首脳、『今年のF1は最高レベルの戦い』 | トップページ | ロバート・クビサ、やっと市販車ドライブまで復帰 »

2012/01/29

ダビデ・リゴン(フェラーリ)、ビアンキ転出でチャンス拡大

Davide Rigon (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フェラーリ・チームのFDA(フェラーリ・ドライバー・アカデミー)の一員であるダビデ・リゴン(25歳:イタリア)に、大きなチャンスが巡ってきたようだ。
これは、同じくフェラーリ・チームの育成ドライバーとして有力な存在だったジュール・ビアンキ(22歳:フランス)が今季フォース・インディアのリザーブ&テストドライバーとして転出したことによるもの。

現在リゴンはレギュラードライバーであるアロンソ&マッサと共に、スペイン領アフリカ・カナリア諸島でフェラーリのフィットネスキャンプに参加しているが、スポークスマンによればリゴンは2013年までの2年間、チームのすべてのレースとプロモーション活動に備えて待機することになるという。

|

« ピレリタイヤ首脳、『今年のF1は最高レベルの戦い』 | トップページ | ロバート・クビサ、やっと市販車ドライブまで復帰 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53849596

この記事へのトラックバック一覧です: ダビデ・リゴン(フェラーリ)、ビアンキ転出でチャンス拡大:

« ピレリタイヤ首脳、『今年のF1は最高レベルの戦い』 | トップページ | ロバート・クビサ、やっと市販車ドライブまで復帰 »