« ザウバー・チームの新型車発表はヘレス・サーキットで | トップページ | 浜島裕英氏(フェラーリ)、「新たなチャレンジ責任重い」 »

2012/01/14

フェラーリの新型車、「ユニークだが美しくない」?

開発コード『663』と呼ばれるフェラーリ・チーム期待の2012年新型車だが、関係者の話を総合するとノーズ部分に目立つ膨らみがあり、決して「美しくない」という意見で一致しているようだ。

Luca di Montezemolo (C)Ferrari S.p.A
拡大します
チームのエース、フェルナンド・アロンソは「去年のマシンとそんなに変わらないよ」と擁護するが、「ユニークだが美しくはない」というルカ・モンテツェモロ社長の言葉が一気に駆け巡ったもの。
同社長は「醜くても、速ければいい」と言うものの、『663』が最初のクラッシュテストに不合格だったことがすでに伝えられていることもあり、もし「醜くて遅かった」場合には目も当てられないことになりかねない。

|

« ザウバー・チームの新型車発表はヘレス・サーキットで | トップページ | 浜島裕英氏(フェラーリ)、「新たなチャレンジ責任重い」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53731083

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリの新型車、「ユニークだが美しくない」?:

« ザウバー・チームの新型車発表はヘレス・サーキットで | トップページ | 浜島裕英氏(フェラーリ)、「新たなチャレンジ責任重い」 »