« FIA(国際自動車連盟)、DRSゾーンの設定をより柔軟に | トップページ | ピレリタイヤ、「今シーズンはよりアグレッシブに」 »

2012/01/17

フェラーリ&ザウバー新型車、クラッシュテスト合格

2011 Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
スペイン『AS』紙が伝えるところによれば、最初のクラッシュテストに失敗した開発コード『663』と呼ばれるフェラーリ・チームの2012年新型車が、2度目のテストで基準をクリアしたということだ。

また不合格となったのはこれまで伝えられていたような前部ではなく側面の衝撃テストだったということで、カーボンシートを追加してクリア。
多少重量は重くなったものの、マシンのパフォーマンスに影響を与えるようなレベルではないという。

また同じくフェラーリ・エンジンを搭載するザウバー・チームの新型車『C31』(仮称)も最後の後部構造テストをクリアし、準備は順調であるとのことだ。

|

« FIA(国際自動車連盟)、DRSゾーンの設定をより柔軟に | トップページ | ピレリタイヤ、「今シーズンはよりアグレッシブに」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53755918

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ&ザウバー新型車、クラッシュテスト合格:

» ファラーりやザウバークラッシュテストに合格 [MotorSports]
1回目のクラッシュテストは不合格になったフェラーリだが2回目は合格したようだ 1回目のテストは側面からの衝撃テストが不合格だったとのことでカーボンシートを追加、パフォーマンスに影響を及ぼさないことでよかったが攻めているのか? またザウバーは最後の後部構造テストに合格 ヘレステストに向けて各チーム準備が出来ているようだ Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Fa... [続きを読む]

受信: 2012/01/18 22:17

« FIA(国際自動車連盟)、DRSゾーンの設定をより柔軟に | トップページ | ピレリタイヤ、「今シーズンはよりアグレッシブに」 »