« ピエロ・フェラーリ氏、「F1はヨーロッパの伝統残すべき」 | トップページ | フェラーリ&ザウバー新型車、クラッシュテスト合格 »

2012/01/17

FIA(国際自動車連盟)、DRSゾーンの設定をより柔軟に

Image (C)Force India F1
拡大します
英『オートスポーツ』らが伝えるところによれば、2012年シーズン、FIA(国際自動車連盟)はDRS(ドラッグ・リダクション・システム)ゾーンについて、システムそのものは継続するものの、批判に応えて設定する範囲をこれまでより柔軟にする方針を決めたということだ。

同システムについては、オーバーテイクがあまりにも容易になったと非難する向きがある反面、レースが面白くなったと歓迎する向きも多い。
ただ、レースによってその効果にばらつきがみられたため、FIAはコースによってDRSゾーンの設定をより長くしたり、減少させたりするなど柔軟に設定するのだという。

|

« ピエロ・フェラーリ氏、「F1はヨーロッパの伝統残すべき」 | トップページ | フェラーリ&ザウバー新型車、クラッシュテスト合格 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53755874

この記事へのトラックバック一覧です: FIA(国際自動車連盟)、DRSゾーンの設定をより柔軟に:

« ピエロ・フェラーリ氏、「F1はヨーロッパの伝統残すべき」 | トップページ | フェラーリ&ザウバー新型車、クラッシュテスト合格 »