« ナイジェル・マンセル&エイドリアン・ニューイ氏らに大英勲章 | トップページ | アルグエルスアリの失脚はベッテル妨害が原因 »

2012/01/01

パトリック・ヘッド氏、ウィリアムズF1から勇退

Patrick Head (C)Williams F1
拡大します
ウィリアムズ・チームのパトリック・ヘッド氏(66歳:イギリス)が、2011年を限りに現職であるエンジニアリング・ディレクターのポジションを離れると共に、同社の取締役からも退いたことを明らかにした。

ヘッド氏は1977年のウィリアムズ・グランプリ創設以来、盟友フランク・ウィリアムズ氏と共にチームの共同オーナーとしてチームを支えた。
この間同チームは9度のコンストラクターズ・タイトル獲得、7度のドライバーズ・タイトル獲得、そして通算113回のグランプリ優勝を成し遂げた。

同氏は今後は関連会社であるWHP(ウィリアムズ・ハイブリッド・パワー・リミテッド)の役員に就任するとのことだが、F1からは完全に離れることになるようだ。
なお同社(WHP)は ポルシェ社911-GT3-R等に搭載されるフライホイール式ハイブリッドシステムを開発したことで知られる。

|

« ナイジェル・マンセル&エイドリアン・ニューイ氏らに大英勲章 | トップページ | アルグエルスアリの失脚はベッテル妨害が原因 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53623689

この記事へのトラックバック一覧です: パトリック・ヘッド氏、ウィリアムズF1から勇退:

« ナイジェル・マンセル&エイドリアン・ニューイ氏らに大英勲章 | トップページ | アルグエルスアリの失脚はベッテル妨害が原因 »