« 小チームに苦闘するパット・シモンズ氏 | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、DRSゾーンの設定をより柔軟に »

2012/01/16

ピエロ・フェラーリ氏、「F1はヨーロッパの伝統残すべき」

Piero Lardi Ferrari (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フェラーリ・チームの中で創始者の血を引く貴重な存在であるピエロ・ラルディ・フェラーリ副会長が、「F1はヨーロッパの伝統」との見解を強調した。

これはフェラーリ・チーム恒例のスキー・イベントであるマドンナの『ウルーム』で語ったもの。
その中でこの跳ね馬チーム創始者エンツォ・フェラーリの子息は、「F1は世界選手権と謳っているのだから、世界に展開していこうとしているのは理解できる。
しかしそのため一方的にヨーロッパでの開催が減らされていくことには賛成できないね。
例えばいまフランスからF1グランプリが消えている。
さらにイギリスGPも槍玉に挙げられているようだ。
しかしわれわれにとってシルバーストーンはモンツァ(イタリアGP)やスパ(ベルギーGP)らと同様、F1グランプリの聖地なんだ。
新しい戦いの場が現れるのはエキサイティングなことだが、こうしたF1の伝統あるレースが失われないことを切に願っているよ」と、述べた。

|

« 小チームに苦闘するパット・シモンズ氏 | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、DRSゾーンの設定をより柔軟に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53748674

この記事へのトラックバック一覧です: ピエロ・フェラーリ氏、「F1はヨーロッパの伝統残すべき」:

« 小チームに苦闘するパット・シモンズ氏 | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、DRSゾーンの設定をより柔軟に »