« トロ・ロッソ代表、ブエミ&アルグエルスアリ放出はチーム事情 | トップページ | ダイムラー社、マクラーレン・グループから完全離脱 »

2012/01/04

パディ・ロウ(マクラーレン)、F1規則に従順な姿勢

Paddy Lowe (C)McLaren Group
拡大します
これまでしばしばFIA(国際自動車連盟)と対立することの多かったマクラーレン・チームだが、現在同チームで技術部門を束ねるパディ・ロウ(49歳:イギリス)は概ねF1のテクニカル・レギュレーションに従順なようだ。

同氏は昨年F1の新エンジンレギュレーションに反発してインディカーを走らせるとした主張したサーキット側(オーストラリアGP)の脅しに対して「皮肉な話」としてF1の新しい挑戦を支持したが、今度はDRS(可変リヤウィング)に対する非難にも対抗してみせたもの。

DRSについては元F1チャンピオンであるニキ・ラウダ氏(62歳:オーストリア)が非難したばかりだが、ロウ氏はこれについて「これまでF1ではオーバーテイク・シーンを増加させるため幾度となくさまざまな工夫を凝らしてきたが、DRSほど効果的で有効なものはなかった」と、賛同した。
さらに各サーキットの状況に合わせてDRSゾーンを変更するFIAの現在の方法についても、素晴らしい解決方法を見出したと称賛している。

|

« トロ・ロッソ代表、ブエミ&アルグエルスアリ放出はチーム事情 | トップページ | ダイムラー社、マクラーレン・グループから完全離脱 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53650292

この記事へのトラックバック一覧です: パディ・ロウ(マクラーレン)、F1規則に従順な姿勢:

« トロ・ロッソ代表、ブエミ&アルグエルスアリ放出はチーム事情 | トップページ | ダイムラー社、マクラーレン・グループから完全離脱 »