« マッサ(フェラーリ)、今季「背水の陣」を覚悟 | トップページ | クビサのマネージャー、手術&入院中を認める »

2012/01/15

マクラーレン・チーム、「2012年も挑戦的姿勢を崩さず」

Jonathan Neale (C)McLaren Group
拡大します
今シーズンのタイトル奪還を期すマクラーレン・チームのジョナサン・ニール/マネージング・ディレクターは、「たとえリスクがあろうとも、挑戦的姿勢を崩さない」と、あらためて名門復活にアグレッシブな意欲をみせた。

「われわれが参加しているスポーツは常にコントロールされたリスクを含むもので、リラックスする余裕があるようなビジネスではない。
もしわれわれが再び多くの勝利を求めようとするならば、そこには攻撃的なアプローチが必要になるのは当然で、ディフェンシブで許される訳がない。
そう、われわれはたとえリスクがあろうとも、常に挑戦的姿勢を崩さないで戦っていくのだ」

同じくタイトル奪還を狙うライバルのフェラーリがクラッシュテストでつまづいたと伝えられるのに対し、同氏はマクラーレンが昨年のうちにすべての事前テストを終了していることを明らかにした。

|

« マッサ(フェラーリ)、今季「背水の陣」を覚悟 | トップページ | クビサのマネージャー、手術&入院中を認める »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53739945

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン・チーム、「2012年も挑戦的姿勢を崩さず」:

« マッサ(フェラーリ)、今季「背水の陣」を覚悟 | トップページ | クビサのマネージャー、手術&入院中を認める »