« 星野一義、中嶋悟、鈴鹿で夢のF1競演へ | トップページ | ザウバー・チーム、破談のプレゼン写真が流出 »

2011/12/28

ウィリアムズ・チーム代表、「苦闘したのは来季への学習のため」

Adam Parr CEO (C)Williams F1
拡大します
名門F1チームとされながらタイトルは1997年から遠ざかったまま、今シーズンはわずか5ポイントの獲得でコンストラクターズ・ランキング9位に留まったウィリアムズ・チームだが、同チームのアダム・パール代表は「苦闘したのは学習のため」として来季の挽回を英『オートスポーツ』に明言した。

「確かにこの数年、われわれはF1で中断グループに留まっていたと思う。
ただそれだけが目的なら、そこは案外居心地の良いところなのかも知れない。
しかしわれわれの目標はそんなところではないのは知っての通りだ。
われわれが経験した今シーズンの苦闘は、来たるべきシーズンに向けての学習だったのだ。
もしマーク・ジラン(チーフ・オペレーション・エンジニア)がシーズン終了後に加わったのなら、こうした問題点を見出すことはなかったかも知れないけどね」

同チームでは来季パストール・マルドナドの残留は発表したものの、もう一人のドライバーについてはまだ決定されてない。

|

« 星野一義、中嶋悟、鈴鹿で夢のF1競演へ | トップページ | ザウバー・チーム、破談のプレゼン写真が流出 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53587589

この記事へのトラックバック一覧です: ウィリアムズ・チーム代表、「苦闘したのは来季への学習のため」:

» 落ちるところまで落ちたウィリアムズの2011年 [予定は未定であって決定ではない]
F1を見始めたのが1993年、その年のチャンピオンはウィリアムズ・ルノーのアラン・プロスト。その後も、1997年にジャック・ヴィルヌーヴが再びチャンピオンを獲得。当時からは全くイメージ出来ない状況、それがウィリアムズチームの2011年だろうな。... [続きを読む]

受信: 2011/12/28 12:00

« 星野一義、中嶋悟、鈴鹿で夢のF1競演へ | トップページ | ザウバー・チーム、破談のプレゼン写真が流出 »