« レッドブル&フェラーリ、FOTA離脱してもコスト削減 | トップページ | 今年の『マッサ・カート大会』はアルグエルスアリが優勝 »

2011/12/06

ライコネン、報酬と引き換えにロータスの株式取得か

Kimi Raikkonen (C)Renault F1 UK

バルセロナのスポーツ紙『エル・ムンド・デポルティボ』は、来シーズンからロータス・ルノーGP(来季ロータス・チーム)のドライバーとしてF1復帰するキミ・ライコネンについて、ここ20年あまりなかった『オーナードライバー』になるとの見通しを報じた。

それによれば来シーズン側は今回契約するにあたり、通常支払われる年棒やポイントに応じたボーナス給に代え、エンストンに本拠を置く同チームの株式と交換するというもの。

ライコネンと同選手のパーソナル・マネージャーであるスティーブ・ロバートソン氏はかねてチーム運営にも関心を持っていて、共同でF3チームを設立したこともある。
なお、先に噂が伝えられたウィリアムズ・チームとの契約が成立しなかったのも、この株式を巡る交渉が難航したためとも伝えられている。

|

« レッドブル&フェラーリ、FOTA離脱してもコスト削減 | トップページ | 今年の『マッサ・カート大会』はアルグエルスアリが優勝 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53416697

この記事へのトラックバック一覧です: ライコネン、報酬と引き換えにロータスの株式取得か:

« レッドブル&フェラーリ、FOTA離脱してもコスト削減 | トップページ | 今年の『マッサ・カート大会』はアルグエルスアリが優勝 »