« デイモン・ヒル氏、「ライコネンはまだ十分若い」 | トップページ | ウィリアムズ・チーム代表、「苦闘したのは来季への学習のため」 »

2011/12/28

星野一義、中嶋悟、鈴鹿で夢のF1競演へ

中嶋 悟 (C)Honda Racing
拡大します
日本のF1の聖地・鈴鹿サーキットは来年開場50周年のアニバーサリーイヤーを迎えるが、同サーキットを運営する(株)モビリティランドが2012年『鈴鹿サーキット50周年ファン感謝デー』の概要を明らかにした。

当日は多くの伝説的ライダーやドライバーが集結することになっているが、特筆すべきは星野一義・中嶋悟両氏による夢のF1競演。
星野一義がウィリアムズ・ホンダ『FW11』を、また中嶋悟氏はロータス・ホンダ『100T』をそれぞれドライブする予定。
「両車」のF1対決は、実に26年ぶりの実現という。

なお感謝デーの期日は2012年3月3日(土)・4日(日)の2日間が予定されている。

|

« デイモン・ヒル氏、「ライコネンはまだ十分若い」 | トップページ | ウィリアムズ・チーム代表、「苦闘したのは来季への学習のため」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53587182

この記事へのトラックバック一覧です: 星野一義、中嶋悟、鈴鹿で夢のF1競演へ:

» [F1]星野vs中嶋、再び [試行錯誤のすぱいらる]
鈴鹿サーキットで開催されるファン感謝デーで「日本一速い男」こと星野一義と「日本人初のフルタイムF1ドライバー」中嶋悟の対決が行われるとのこと。 日本のF1の聖地・鈴鹿サーキットは来年開場50周年のアニバーサリーイヤーを迎えるが、同サーキットを運営する(株)モ... [続きを読む]

受信: 2012/01/02 10:51

« デイモン・ヒル氏、「ライコネンはまだ十分若い」 | トップページ | ウィリアムズ・チーム代表、「苦闘したのは来季への学習のため」 »