« ロータス・ルノーGP首脳、「クビサがいればもっと……」 | トップページ | トッドFIA会長、「マッサが遅い訳ではない」 »

2011/12/30

個別コンコルド協定締結でFOTA瓦解へ加速

FOTA (C) Formula One Teams Association
拡大します
これまで同一歩調を取ってきたF1チームの集まりであるFOTA(フォーミュラワン・チーム・アソシエーション)から離脱者が相次いだことにより、FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)を率いるバーニー・エクレストン氏は個別に新しいコンコルド協定を結び始めたことがわかった。

これはドイツの『アウトモーター・ウント・スポルト』が伝えたもので、それによればすでにフェラーリ・チームとレッドブル・レーシングのトップ2チームが基本的な合意に達したとしている。

これまでF1チームはFOTA全体としてFOMからの収入のかさ上げを狙ってきたが、再び個別に締結ということになれば上位チームには厚く、下位チームには薄くというエクレストン氏の思惑通りになるばかりか、FOTAそのものの瓦解を推し進めることにもなりそうだ。

|

« ロータス・ルノーGP首脳、「クビサがいればもっと……」 | トップページ | トッドFIA会長、「マッサが遅い訳ではない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53603446

この記事へのトラックバック一覧です: 個別コンコルド協定締結でFOTA瓦解へ加速:

« ロータス・ルノーGP首脳、「クビサがいればもっと……」 | トップページ | トッドFIA会長、「マッサが遅い訳ではない」 »