« 佐藤琢磨、来季もインディカー・シリーズ参戦を明言 | トップページ | ライコネン、報酬と引き換えにロータスの株式取得か »

2011/12/05

レッドブル&フェラーリ、FOTA離脱してもコスト削減

Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
レッドブル・レーシング&フェラーリ両チームは、先に報道された通りF1チームの集まりであるFOTAから離脱する手続きを取ったことを認めた。
その上でいずれのチームとも、今後もF1のコスト削減に努力していくことを強調している。

レッドブル・レーシングのスポークスマンは、「われわれがFOTAから離脱することになったのは間違いないことだ。
F1のコスト削減という面に関し、われわれとFOTAとの考えには乖離があったためだが、離脱したとしてもこれについては解決策を探っていく」と述べた。

またフェラーリ・チームの声明でも、「難しい決定ではあったが、多くの検討を重ねた結果の結論だ。
FOTAはこの問題について行き詰まってしまっているので、われわれは長期的にこのスポーツを継続させるために決断した」と、説明している。

|

« 佐藤琢磨、来季もインディカー・シリーズ参戦を明言 | トップページ | ライコネン、報酬と引き換えにロータスの株式取得か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53408980

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル&フェラーリ、FOTA離脱してもコスト削減:

» FOTAから脱退したフェラーリとレッドブル [MotorSports]
チーム側の要求等いろいろと取り決めを行っていたFOTAから フェラーリとレッドブルが脱退 レッドブル 「われわれがFOTAから離脱することになったのは間違いないことだ。 F1のコスト削減という面に関し、われわれとFOTAとの考えには乖離があったためだが、離脱したとしてもこれについては解決策を探っていく」 フェラーリ 「難しい決定ではあったが、多くの検討を重ねた結果の結論だ。 FOTAはこの問題について行き詰まってしまっているので、われわれは長期的にこのスポーツを継続させるために決断した」 とそれぞれ... [続きを読む]

受信: 2011/12/05 12:46

« 佐藤琢磨、来季もインディカー・シリーズ参戦を明言 | トップページ | ライコネン、報酬と引き換えにロータスの株式取得か »