« 個別コンコルド協定締結でFOTA瓦解へ加速 | トップページ | ベッテル(レッドブル)、「2012年のクルマが待ちきれない」 »

2011/12/30

トッドFIA会長、「マッサが遅い訳ではない」

Ferrari Duo (C)Ferrari S.p.A
拡大します
現在FIA(国際自動車連盟)の会長を務めるジャン・トッド氏が、フェラーリ・チームのフェリッペ・マッサについて言及した。

これはイタリアの『コリエレ・デラ・セラ』紙に語ったもので、その中でこの前フェラーリ・チーム監督は、「2011年はマッサにとっては苦しいシーズンとなったが、さりとて決してマッサが遅いという訳ではない。
彼は今年から導入されたピレリタイヤへの対応に手間取ったのだ。
タイムだって、不世出のドライバーであるアロンソと比べるからであって、両者のタイム差はせいぜい1ラップあたりコンマ3秒程度のもの。
別に1周で3秒も引き離されている訳じゃないよ」と、マッサを擁護。

ただ、マッサのマネージメントをトッド氏の子息であるニコラス・トッド氏が行っていることを忘れてはいけないだろう。
ちなみに今季アロンソvsマッサの予選対決はアロンソの15勝4敗というものだった。

|

« 個別コンコルド協定締結でFOTA瓦解へ加速 | トップページ | ベッテル(レッドブル)、「2012年のクルマが待ちきれない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53603494

この記事へのトラックバック一覧です: トッドFIA会長、「マッサが遅い訳ではない」:

« 個別コンコルド協定締結でFOTA瓦解へ加速 | トップページ | ベッテル(レッドブル)、「2012年のクルマが待ちきれない」 »