« バーニー・エクレストン氏、2012年バーレーンGP開催に自信 | トップページ | ザウバー・チームの来季シートに不穏な動き? »

2011/12/12

メルセデス、「新規定F1エンジン・サウンド、問題なし」

Mercedes V8 F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
F1エンジンは現行の「2.4リッターV型8気筒自然吸気」から2014年シーズンには新規定の「1.6リッターV型6気筒ターボ」に変更されることがすでに決まっているが、これに対しとりわけかつて12気筒エンジンを得意としたフェラーリ・チームからエンジン・サウンドの魅力不足に懸念が示されていた。

しかし今回いち早く新規定エンジンのベンチテストを終えたとするメルセデスから、「エクゾーストノートは十分魅力あるもので、心配する必要はない」との見解が示されたもの。

当初新エンジンの最高回転数は12,000回転とされていたが、その後15,000回転まで規定を変更し引き上げられたことによりサウンドについても好転したようだ。

|

« バーニー・エクレストン氏、2012年バーレーンGP開催に自信 | トップページ | ザウバー・チームの来季シートに不穏な動き? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53463680

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデス、「新規定F1エンジン・サウンド、問題なし」:

« バーニー・エクレストン氏、2012年バーレーンGP開催に自信 | トップページ | ザウバー・チームの来季シートに不穏な動き? »