« ロズベルグ(メルセデスGP)、目標達成をクリスマスに誓う | トップページ | フェラーリ総帥、それでも「サードカー走らせたい」 »

2011/12/26

小林可夢偉、年間オーバーテイク数で第3位にランク

Michael Schumacher (C)Mercedes Motorsports
拡大します
英『オートスポーツ』は2011年シーズン全レースにおけるオーバーテイク数をカウント。
それによれば第1位はメルセデスGPのミハエル・シューマッハ、ザウバー・チームの小林可夢偉が第3位に入っていることがわかった。

トップ10は以下の通り。
1. シューマッハ(メルセデスGP) 116回
2. ブエミ(トロ・ロッソ) 114回
3. 小林可夢偉(ザウバー) 99回
4. アルグエルスアリ(トロ・ロッソ) 94回
5. マルドナド(ウィリアムズ) 91回
6. ディ・レスタ(フォース・インディア) 90回
7. ペレス(ザウバー) 87回
8. バリチェッロ(ウィリアムズ) 86回
9. バトン(マクラーレン) 85回
10.マッサ(フェラーリ) 82回

ただオーバーテイクするためには「後方からのスタート」が必要で、予選上位の常連だったベッテル(レッドブル)やハミルトン(マクラーレン)、ウェバー(レッドブル)、アロンソ(フェラーリ)らは当然下位に留まることになる。
(駅伝の○○人抜きと同じ理屈)

|

« ロズベルグ(メルセデスGP)、目標達成をクリスマスに誓う | トップページ | フェラーリ総帥、それでも「サードカー走らせたい」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53572004

この記事へのトラックバック一覧です: 小林可夢偉、年間オーバーテイク数で第3位にランク:

« ロズベルグ(メルセデスGP)、目標達成をクリスマスに誓う | トップページ | フェラーリ総帥、それでも「サードカー走らせたい」 »