« キミ・ライコネン、スノーモービルで負傷事故 | トップページ | メルセデス、「新規定F1エンジン・サウンド、問題なし」 »

2011/12/12

バーニー・エクレストン氏、2012年バーレーンGP開催に自信

Bernie Ecclestone (C)RedBull Racing
拡大します
FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン氏は、「来年は必ずバーレーンに行く」と強調、2012年のバーレーンGP開催に自信を示した。
これは英『ガーディアン』紙にエクレストン氏自身が語ったもの。

4月に予定されていた2011年のバーレーンGPは国内の政治情勢が急速に悪化したことから直前で中止が決定、エクレストン氏の面子を潰す結果となった。

「アルゼンチンやブラジルだって開催したときには大きなドラマがあった。
デモが不安というならイギリスだって同様だ」と、来年の開催に強い意欲をみせたものだが、しかしバーレーン国内の政治情勢はまだ完全に安定したとは言い難く、事態は予断を許さない状況が続いているとみられる。

|

« キミ・ライコネン、スノーモービルで負傷事故 | トップページ | メルセデス、「新規定F1エンジン・サウンド、問題なし」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53463365

この記事へのトラックバック一覧です: バーニー・エクレストン氏、2012年バーレーンGP開催に自信:

« キミ・ライコネン、スノーモービルで負傷事故 | トップページ | メルセデス、「新規定F1エンジン・サウンド、問題なし」 »