« ザウバー・チームもFOTAから離脱へ | トップページ | アメリカGP(オースティン)、新たな契約で生き延びる »

2011/12/08

2012年シーズンに向けてのF1規定変更

FIA

7日(水)行われたFIA(国際自動車連盟)のWMSC(世界モータースポーツ評議会)では、2012年のF1に次のような新規定を決定した。

・セーフティカー導入時の隊列の組み方(リーダーを周回遅れが邪魔しない)
・バトル中のライン変更の回数(1回のみ)
・金曜日セッションでのタイヤセット数解禁(これまでは3セット)
・決勝レース時間の制限(最大4時間まで)
・再スタート時、ピットからグリッドに戻れるように改定
・シーズン中のテスト解禁(ただし3日間のみ)
・意図的なショートカットの禁止(タイムだけでなく燃料セーブも)

|

« ザウバー・チームもFOTAから離脱へ | トップページ | アメリカGP(オースティン)、新たな契約で生き延びる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53431621

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年シーズンに向けてのF1規定変更:

» [F1]FIA、2012年のレギュレーション変更を発表 [試行錯誤のすぱいらる]
FIAは2012年のレギュレーション変更を発表しました。 7日(水)行われたFIA(国際自動車連盟)のWMSC(世界モータースポーツ評議会)では、2012年のF1に次のような新規定を決定した。 セーフティカー導入時の隊列の組み方(リーダーを周回遅れが邪魔しない) バトル中のライ... [続きを読む]

受信: 2011/12/08 23:15

« ザウバー・チームもFOTAから離脱へ | トップページ | アメリカGP(オースティン)、新たな契約で生き延びる »