« フランスGP、ポールリカールでF1復活を窺う | トップページ | マクラーレン・チーム専属医師、「ライコネンは活躍できる」 »

2011/12/22

1年ぶり復帰のヒュルケンバーグ、「タイヤの使い方がカギ」

Nico Hulkenberg (C)Force India F1
拡大します
2012年、フォース・インディア・チームから1年ぶりのF1復帰が決まったニコ・ヒュルケンバーグ(24歳:ドイツ)は、成否のカギについて「ピレリタイヤの使い方にある」との見方を示した。

「確かに今シーズン、フリー走行での出走でピレリタイヤについては経験をしているよ。
でも、タイヤの使い方については予選、そして決勝レースへと進むに従ってまったく異なるものになるんだ。
それでも、ウィリアムズで初めてF1に参戦した時にも苦労しているのだし、これは実際に走って学ぶしかないね」

同選手がウィリアムズで走った2010年シーズン、F1はブリヂストンタイヤだった。

|

« フランスGP、ポールリカールでF1復活を窺う | トップページ | マクラーレン・チーム専属医師、「ライコネンは活躍できる」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53540061

この記事へのトラックバック一覧です: 1年ぶり復帰のヒュルケンバーグ、「タイヤの使い方がカギ」:

« フランスGP、ポールリカールでF1復活を窺う | トップページ | マクラーレン・チーム専属医師、「ライコネンは活躍できる」 »