« アブダビテスト2日目、再びJ-E.ベルニュ(レッドブル)最速 | トップページ | 2011年 アブダビGP ベッテルの空気漏れ、タイヤ・トラブルが原因でないことを確認 »

2011/11/17

ピレリタイヤ、ベッテルのパンクは結局「原因不明」

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
アブダビGP決勝レースで、いきなりポールポジションからスタートの大本命ベッテル(レッドブル)のマシンを襲ったパンクという事態に、現在F1にタイヤを独占供給するピレリタイヤでは原因究明に全力を挙げた。
しかしレースから3日後の16日(水)に同陣営が明らかにした見解は「原因不明」というものだった。

同社のポール・ヘンベリー/モータースポーツ部門ディレクターは、「ベッテルの右後部タイヤを詳細に検証した結果、タイヤの構造部分に問題は検出されず、原因は外部にあると判断した。
いまのところ、コース上にあったデブリ(破片)がタイヤにダメージを与えたのではないかと考えている。
ただ、コース上を詳しく調べたものの、トラブルにつながる直接的な証拠は見出せていない」と、説明した。
またこの見解はレッドブル・レーシングと共通したものであることを強調している。

ただあまりに突然のこのバーストは、少々のデブリによるものとは考えにくいと、関係者は一様に首を傾げているのが事実。
マッサ(フェラーリ)に起きた度々のトラブルもあり、ピレリタイヤのサイドウォール部分の弱さを指摘する声もあるが、ヘンベリー氏は強く否定している。

|

« アブダビテスト2日目、再びJ-E.ベルニュ(レッドブル)最速 | トップページ | 2011年 アブダビGP ベッテルの空気漏れ、タイヤ・トラブルが原因でないことを確認 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53264418

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリタイヤ、ベッテルのパンクは結局「原因不明」:

» ピレリはベッテルのパンク原因がわからないとの結果に [MotorSports]
ポールからいいスタートを切って逃げる体制をとったベッテルだったが2コーナー出口で右リアがパンクそのまま今シーズン初めてのリタイヤになったアブダビGP決勝 その後ピレリが様々な原因を追究したが、結局わからなかったとのことで 「ベッテルの右後部タイヤを詳細に検証した結果、タイヤの構造部分に問題は検出されず、原因は外部にあると判断した。 いまのところ、コース上にあったデブリ(破片)がタイヤにダメージを与えたのではないかと考えている。 ただ、コース上を詳しく調べたものの、トラブルにつながる直接的な証拠は見出... [続きを読む]

受信: 2011/11/17 18:48

« アブダビテスト2日目、再びJ-E.ベルニュ(レッドブル)最速 | トップページ | 2011年 アブダビGP ベッテルの空気漏れ、タイヤ・トラブルが原因でないことを確認 »