« マッサの口撃にハミルトン、「僕に非はないだろう」 | トップページ | インドGP初代王者ベッテル、「インドの人の生き方に感銘」 »

2011/11/01

お尻に火がついた?ザウバー・チーム

Monisha Kaltenborn (C)Sauber Motorsport
拡大します
今回のインドGPでザウバー・チームはセルジオ・ペレスが10位入賞を果たし、かろうじて貴重な1ポイントを獲得したものの、コンストラクターズ・ランキングではついにライバルであるトロ・ロッソに同じ41ポイントと並ばれた。

これについて同チームのモニシャ・カルテンボーン/CEO(40歳:インド)は、「今日は残念ながらわずか1ポイントの獲得に留まりましたが、2台のスタート位置を考えれば健闘したと考えています。
ペレスのペースは私たちがライバルと同等に戦えることを示唆していて、あと残り2戦でも全力で戦います」と、語っている。

とはいえ先頃までランキング6位を死守と宣言していた同チーム、すでにフォース・インディア(51ポイント)には先に行かれ、このままでは8位に転落するのも目前だ。

|

« マッサの口撃にハミルトン、「僕に非はないだろう」 | トップページ | インドGP初代王者ベッテル、「インドの人の生き方に感銘」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お尻に火がついた?ザウバー・チーム:

» 残念ながらザウバーに流れはない [予定は未定であって決定ではない]
可夢偉がリタイヤしていなくても、獲得ポイントは1ポイントだっただろうね。絶対的に、フォース・インディアやトロロッソのマシンに対してポテンシャルが低い状況ではどうにもできないだろうな。... [続きを読む]

受信: 2011/11/01 12:00

« マッサの口撃にハミルトン、「僕に非はないだろう」 | トップページ | インドGP初代王者ベッテル、「インドの人の生き方に感銘」 »