« ピレリ、成功の初年度をブラジルGPで締めくる | トップページ | ヴァージン、2012年のドライバーにシャルル・ピック起用 »

2011/11/28

フェラーリ&マクラーレン首脳、「問題の二人は仲直りした」

F.Massa & L.Hamilton (C)Ferrari S.p.A
拡大します
27日(日)行われたブラジルGPをもって2011年シーズンも終了したが、これに合わせてこれまで何かと確執が報じられたマッサ(フェラーリ)&ハミルトン(マクラーレン)の二人も仲直りしたことがわかった。

これはフェラーリのステファーノ・ドメニカリ氏とマクラーレンのマーティン・ウィットマーシュ氏の両代表が揃って認めたもので、それによればブラジルGPの終了後、すでにリタイヤしていたハミルトンがマッサのガレージを訪問、互いに言葉を交わしたあとハグして仲直りを表したということだ。

これまで互いに口をきくこともなかった二人だが、この後はそろって笑顔で相手の健闘を讃えたという。

|

« ピレリ、成功の初年度をブラジルGPで締めくる | トップページ | ヴァージン、2012年のドライバーにシャルル・ピック起用 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53354463

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ&マクラーレン首脳、「問題の二人は仲直りした」:

« ピレリ、成功の初年度をブラジルGPで締めくる | トップページ | ヴァージン、2012年のドライバーにシャルル・ピック起用 »