« 小林可夢偉(ザウバー)、「ノーポイント生活は終わり」 | トップページ | バリチェッロ(ウィリアムズ)、F1残留の道求め全力 »

2011/11/15

レッドブル代表、「ベッテルが勉強していたのは事実」

Christian C.Horner (C)Redbull Racing
拡大します
アブダビGP決勝レースをわずか1周でリタイヤした後、チームのピット・ギャントリーでゴールまで見守ったセバスチャン・ベッテルが、「ピットウォールの勉強ができた」と発言したことについて、クリスチャン・ホーナー代表がこれを裏付ける発言をした。

「ベッテルがずっとピットウォールにいたのは事実だよ。
単に観戦したというのでなく、彼はチームの仕事を出来うる限り修得しようとしているんだ。
今回もピットウォールでチーム首脳がどのように戦略を建てて決断していくかを真剣に学んでいたね。
彼はまだ若いし、その学習意欲はまるで乾いたスポンジが水を吸収するようなもの。
これに経験が加わって、彼は今よりもっと素晴らしいドライバーになっていくことだろう」と、英誌で讃えた。

|

« 小林可夢偉(ザウバー)、「ノーポイント生活は終わり」 | トップページ | バリチェッロ(ウィリアムズ)、F1残留の道求め全力 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53248449

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル代表、「ベッテルが勉強していたのは事実」:

« 小林可夢偉(ザウバー)、「ノーポイント生活は終わり」 | トップページ | バリチェッロ(ウィリアムズ)、F1残留の道求め全力 »