« アブダビGPはハミルトン(マクラーレン)優勝 小林10位 | トップページ | トロフィー・コレクション完成に喜ぶアロンソ(フェラーリ) »

2011/11/14

今季初リタイヤのベッテル、「ピットウォールの勉強できた」

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
ポールポジションからのスタートで、今回の優勝候補の筆頭だったレッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテルは、しかしオープニングラップでいきなりのリタイヤ。
これについてレース後ベッテルは次のように語った。

「最初は何が起きたのかわからなかったよ。
最初のコーナーでは入口も出口もまったく問題なかったのに、次のターンインで突然マシンのコントロールができなくなったんだ。
タイヤを交換しようとピットまで戻ったんだけど、途中でサスペンションまでいかれていて、結局レースに戻ることはできなかった。
パンクの原因はチームがいく解析しているところだけど、まだ解明できていない。
いつもと同じように走っていた筈だけど、縁石との角度が原因になったのかも知れない。
それでも悪いことばかりじゃない。
お陰で今回はピットウォール(ギャントリー)の勉強ができたんだから良かったよ」

ベッテルが決勝レースでリタイヤしたのは昨年の韓国GP以来のこと。
もちろん今シーズンになっては初めてのことになった。

|

« アブダビGPはハミルトン(マクラーレン)優勝 小林10位 | トップページ | トロフィー・コレクション完成に喜ぶアロンソ(フェラーリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53240525

この記事へのトラックバック一覧です: 今季初リタイヤのベッテル、「ピットウォールの勉強できた」:

« アブダビGPはハミルトン(マクラーレン)優勝 小林10位 | トップページ | トロフィー・コレクション完成に喜ぶアロンソ(フェラーリ) »