« トロ・ロッソに後れを取ったザウバー勢、「巻き返す」 | トップページ | ベッテル、予選でF1史上最高の成功を収める »

2011/11/27

屈辱のシューマッハ(メルセデスGP)、「決勝用の戦略」

Michael Schumacher (C)Mercedes Motorsports
拡大します
ブラジルGP予選、最下位ながら辛くも最終ピリオドに進出を果たしたメルセデスGPのミハエル・シューマッハだったが、チームメイトとのタイム差は実に丸1秒以上。
結局Q3では有効タイムを記録することすらなくフォース・インディアやルノーにも遅れる10番手グリッドに留まった。

これについてシューマッハは、「明日は高い確率で雨になるとの予報だったから、決勝レースに向けて戦略的なアプローチを採ったんだ。
それでも予選で思うようなタイムが出せなかったのは事実だから、これからデータを分析して原因を見出さなくては、と思っている」と、説明した。

これで今季19回の予選結果が4勝15敗となった元チャンピオンにとって、バイザーに当たるインテルラゴスの風は強そうだ。

|

« トロ・ロッソに後れを取ったザウバー勢、「巻き返す」 | トップページ | ベッテル、予選でF1史上最高の成功を収める »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 屈辱のシューマッハ(メルセデスGP)、「決勝用の戦略」:

« トロ・ロッソに後れを取ったザウバー勢、「巻き返す」 | トップページ | ベッテル、予選でF1史上最高の成功を収める »