« 2011年 アブダビGP :ピレリとP Zeroコンパウンド、全ての原点へ戻る | トップページ | S.ニールセン氏、T-ロータスのスポーティング・ディレクターに »

2011/11/09

ルノー・スポールF1新代表にJ-M.ジャリニエール氏

Renault Factory (C)Renault F1 UK
拡大します
今季のチャンピオン・エンジンに輝いたルノー・エンジンの供給元であるルノー・スポールF1は、ベルナール・レイ代表の後任としてジャン・ミシェル・ジャリニエール氏が就任することを明らかにした。

ジャリニエール氏は1985年からルノーで活躍してきたということだが、今回の人事異動によりルノー・日産グループの総帥であるカルロス・ゴーン会長兼/CEO(最高経営責任者)の影響力が高まるものと受け止められている。

ルノー・エンジンは今季王者のレッドブル・レーシングだけでなく、ロータス・ルノーGP、チーム・ロータス、さらに来季はウィリアムズ・チームにも再び供給することが決まっている。

|

« 2011年 アブダビGP :ピレリとP Zeroコンパウンド、全ての原点へ戻る | トップページ | S.ニールセン氏、T-ロータスのスポーティング・ディレクターに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53198822

この記事へのトラックバック一覧です: ルノー・スポールF1新代表にJ-M.ジャリニエール氏:

« 2011年 アブダビGP :ピレリとP Zeroコンパウンド、全ての原点へ戻る | トップページ | S.ニールセン氏、T-ロータスのスポーティング・ディレクターに »