« クビサ(マネージャー)vsルノー・チーム、泥仕合の様相 | トップページ | ウェバー(レッドブル)、「ドライで走れるのは最後かも」 »

2011/11/26

14番手発進小林可夢偉(ザウバー)、「いまのところ問題ない」

小林 可夢偉 (C)Sauber Motorsport
拡大します
ブラジルGP初日、14番手発進となったザウバー・チームの小林可夢偉はフリー走行の模様を次のように振り返った。

「今日はたくさんの周回ができたので多くの収穫があったね。
とりわけ2種類のタイヤの比較なんかをね。
日曜日も今日のように気温が高ければいけると思うけど、でも雨になる可能性もここにはあるからね。
とりあえずマシンには何も問題なく、バランスを見出す作業を重ねているんだけど、まだつかめたとは言い難いな」

一方、13番手タイムながらギヤボックスのトラブルに見舞われたチームメイトであるセルジオ・ペレスは、「トラブルが起きた時、多くの燃料を搭載しながらソフトタイヤでロングランをしていたんだ。
他に問題はなかったけれど、作業を完了できなかったのは残念だね。
ここでもフォース・インディアは速そうだけど、ルノーとトロ・ロッソは捉えたいね」と、語っている。

|

« クビサ(マネージャー)vsルノー・チーム、泥仕合の様相 | トップページ | ウェバー(レッドブル)、「ドライで走れるのは最後かも」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53336071

この記事へのトラックバック一覧です: 14番手発進小林可夢偉(ザウバー)、「いまのところ問題ない」:

« クビサ(マネージャー)vsルノー・チーム、泥仕合の様相 | トップページ | ウェバー(レッドブル)、「ドライで走れるのは最後かも」 »