« ザウバー・チーム、可夢偉のホームGPに大幅改良 | トップページ | ドライバーら、鈴鹿でハミルトンとの話し合い要望 »

2011/10/01

ウェバー(レッドブル)、「スタートミスの原因はタイヤにも」

Mark Webber (C)Redbull Racing
拡大します
今シーズン、せっかく公式予選で好ポジションを獲得しながらもスタートで順位を落とすことが多いレッドブル・レーシングのマーク・ウェバーだが、本人はその原因についてピレリタイヤにもあると指摘して注目されている。

「誰だってせっかく予選で頑張ったのに、オープニングラップで後方に沈むなんてやりきれないことだよ。
スタートではドライバーにも複雑な手順が要求されるし、マシンの側にもランチ・コントロールを始め難しいものがある。
それでも言っておかなければならないのは、ここ数年でタイヤのパフォーマンスが大きく変化していることだよ。
いまは正直言ってスタート時にタイヤのグリップを良好な状態にしておくのが難しいんだ」

今シーズン、ウェバーは3回のポールポジションを獲得しているが一度も勝利には結びついていない。

|

« ザウバー・チーム、可夢偉のホームGPに大幅改良 | トップページ | ドライバーら、鈴鹿でハミルトンとの話し合い要望 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52877429

この記事へのトラックバック一覧です: ウェバー(レッドブル)、「スタートミスの原因はタイヤにも」:

« ザウバー・チーム、可夢偉のホームGPに大幅改良 | トップページ | ドライバーら、鈴鹿でハミルトンとの話し合い要望 »