« IRLラスベガスで多重事故 ダン・ウェルドン死去 | トップページ | 佐藤琢磨(KVレーシング)、ダン・ウェルドン選手の死を悼む »

2011/10/18

マクラーレン代表、「ハミルトンは誇りに思うべき」

Lewis Hamilton (C)McLaren Group
拡大します
マクラーレン・チームのルイス・ハミルトンは今回の韓国GPにおいて、予選ではポールポジション、また決勝レースでも2位表彰台と好成績を残したが、いずれの場合の記者会見でも笑みを見せない仏頂面。
記者会見から「なぜ笑顔にならないのか?」と尋ねられると、「勝利しなかったのに何がうれしい?」と開き直る始末だった。

しかしこうした行動に対し、同チームのマーティン・ウィットマーシュ代表は次のようにこの若者を諫めている。

「ハミルトンは韓国で素晴らしいパフォーマンスを発揮した。
彼がほんとうに勝つことを切望していたことは理解するが、彼は好成績を挙げたことをもっと素直に喜び、誇りに受け止めるべきだと思う。
基本的には彼はいまハッピーであると推測している。
しかし彼はいつもほほ笑むように要求されても、それを望まない傾向がある。
これは彼のシャイな性格を表したものだが、私は改めたほうが良いと考えている」

|

« IRLラスベガスで多重事故 ダン・ウェルドン死去 | トップページ | 佐藤琢磨(KVレーシング)、ダン・ウェルドン選手の死を悼む »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53020080

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン代表、「ハミルトンは誇りに思うべき」:

« IRLラスベガスで多重事故 ダン・ウェルドン死去 | トップページ | 佐藤琢磨(KVレーシング)、ダン・ウェルドン選手の死を悼む »