« 「思ったよりマクラーレンに接近できた」と、レッドブル勢 | トップページ | ハミルトン、PZeroレッド・タイヤで予選独占に終止符を打つ »

2011/10/16

ザウバー、ライバルとの明確な差にショック

前戦日本GPでの健闘からここ韓国GPでも好パフォーマンスが期待されたザウバー・チームだったが、15日(土)行われた公式予選ではコンストラクターズ・ランキングを争うライバルであるフォース・インディアとの間に明確な差が生じ、衝撃を受けている。
(F・インディア:9-10位、ザウバー:予選14-17位)

これについて小林可夢偉は、「もちろん14番手なんて僕たちが想定していたものじゃなく、極めて苦しい状況だと言わざるを得ないね。
予選では特に失敗した分けじゃないけれど、とにかくマシンにグリップが足りないんだ。
あとは明日の決勝レースで何か展開が変わることを願うだけ」

Sergio Perez (C)Sauber Motorsport
拡大します
またチームメイトであるペレスも、「ここは僕にとって初めてのサーキットだったし、ドライでほとんど走れなかったから予選は難しかった。
それにしてもこのポジションからでは厳しいから、明日の決勝レースでは何かアグレッシブなレース戦略を使うしかないね」と、語っている。

コンストラクターズ・ランキング6位を死守してきたザウバー・チームだが、現在はライバルにその座を明け渡し、さらに8ポイントの差を付けられたばかりか、トロ・ロッソにも追い上げられている。

|

« 「思ったよりマクラーレンに接近できた」と、レッドブル勢 | トップページ | ハミルトン、PZeroレッド・タイヤで予選独占に終止符を打つ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53002050

この記事へのトラックバック一覧です: ザウバー、ライバルとの明確な差にショック:

« 「思ったよりマクラーレンに接近できた」と、レッドブル勢 | トップページ | ハミルトン、PZeroレッド・タイヤで予選独占に終止符を打つ »