« 上り調子のザウバー『C30』、次戦に向けて期待大 | トップページ | 2011 韓国GP ピレリ、最も厳しいテストにスーパーソフトを投入 »

2011/10/12

王者ベッテル(レッドブル)、日産のトークショーで謝意

Sebastian Vettel Talkshow (C)Redbull Racing
拡大します
日本GPでみごと2年連続となるシリーズ・チャンピオンを決めたレッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテルが、翌日はチームのスポンサーでもある日産自動車のトークショー・イベントに登場、あらためてファンに感謝の意を表した。

トークショーが行われたのは日産グローバル本社がある横浜市で、同チームのクリスチャン・ホーナー代表や技術部門の最高責任者であるエイドリアン・ニューイ氏、さらにアドバイザーを務める先輩のデビッド・クルサード氏らも顔を揃える豪華版。

続いて韓国GPがあるため、祝勝会で羽目を外すのはほどほどにしたというベッテルだが、F1スタッフにとって鈴鹿ではお決まりのカラオケに興じたことを明らかにした。

|

« 上り調子のザウバー『C30』、次戦に向けて期待大 | トップページ | 2011 韓国GP ピレリ、最も厳しいテストにスーパーソフトを投入 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52970299

この記事へのトラックバック一覧です: 王者ベッテル(レッドブル)、日産のトークショーで謝意:

« 上り調子のザウバー『C30』、次戦に向けて期待大 | トップページ | 2011 韓国GP ピレリ、最も厳しいテストにスーパーソフトを投入 »