« 2011 インドGP F1チームとP Zeroコンパウンドにとって新たな戦いの場所 | トップページ | チャンドク(T-ロータス)、母国GP参戦の途絶たれる »

2011/10/25

フォース・インディアもウィリアムズもスーティルがカギ

Adrian Sutil (C)Force India F1
拡大します
ここまでドライバーズ・ランキング11位とプライベート系チームの中では最多得点を記録する活躍をみせているフォース・インディアのエイドリアン・スーティルだが、いまだに来季の去就は明確でない。

同チームではポール・ディ・レスタと現第3ドライバーであるニコ・ヒュルケンバーグのレースドライバー起用が伝えられていて、その場合には早々に他チームへの移籍をまとめる必要があるが、スーティルのマネージャーによればフォース・インディアの結論は12月になると言われているとのこと。

噂になっているウィリアムズ・チームでは、マルドナドの残留は確実視されている一方でスーティルの移籍も伝えられていて、それがさらにルーベンス・バリチェッロやキミ・ライコネンの去就にも影響を与えている模様だ。
どうやらここでも最後の結論に影響を及ぼすのは大口のスポンサーになるとみられる。

|

« 2011 インドGP F1チームとP Zeroコンパウンドにとって新たな戦いの場所 | トップページ | チャンドク(T-ロータス)、母国GP参戦の途絶たれる »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォース・インディアもウィリアムズもスーティルがカギ:

« 2011 インドGP F1チームとP Zeroコンパウンドにとって新たな戦いの場所 | トップページ | チャンドク(T-ロータス)、母国GP参戦の途絶たれる »