« 初開催インドGP、まだ4万枚のチケットが売れ残り | トップページ | ニュージャージー州当局、F1グランプリ開催計画認める »

2011/10/26

クビサの担当医師、年内ロードカー・ドライブを保証

Robert Kubica (C)Lotus Renault GP
拡大します
伝えられていたよりも復帰のスケジュールが遅れ、来季の復活は困難なのでは、との見方が広まるロバート・クビサ(前ルノー・チーム)だが、担当医師はリハビリテーションが順調に進んでいることを強調した。

「クビサは年内にはロードカーをドライブできるだろう。
われわれは彼が予定されたスケジュールで回復していると考えている。
F1マシンのコントロールは複雑なものだが、彼はすべてのボタンを正確に操作できる筈だ。
彼はドライバーであって、ピアニストという訳ではないのだし。
ただすぐさま本来のスピードを発揮できるのか、それはわれわれにはわからない」

こうした医師団の見解について、かつてトヨタF1チームに所属したことでも知られるリカルド・チェカレッリ医師も「妥当な見解」と、同意しているという。

|

« 初開催インドGP、まだ4万枚のチケットが売れ残り | トップページ | ニュージャージー州当局、F1グランプリ開催計画認める »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53085835

この記事へのトラックバック一覧です: クビサの担当医師、年内ロードカー・ドライブを保証:

« 初開催インドGP、まだ4万枚のチケットが売れ残り | トップページ | ニュージャージー州当局、F1グランプリ開催計画認める »