« エクレストン氏、F1の安全性に自信みせる | トップページ | インドGP、テレビ放映でも混乱か »

2011/10/25

ピレリタイヤ、「データないインドGPは保守的に」

Pirell Tyre (C)Redbull Racing
拡大します
ピレリタイヤのF1部門責任者であるポール・ヘンベリー/ディレクターは、今週行われるインドGPについて「データがなく保守的なタイヤ選択をした」ことを明らかにした。

それによればピレリは今回プライムタイヤにハードを、そしてオブションタイヤにソフトと極めて硬めのタイヤを選択、前回の韓国GPとは真逆の姿勢をみせた。

「正直いってインドGPのコースについては正確なデータを持ち合わせていない。
路面によっては大きな消耗も考えられるので、安全面から保守的な選択を採らざるを得なかった」と、ヘンベリー氏。

これについて地元のナレイン・カーティケヤンは「2種類のタイヤには大きな差があるので、チームはソフトタイヤのほうを主力にすることになるだろう」との予測をしている。

|

« エクレストン氏、F1の安全性に自信みせる | トップページ | インドGP、テレビ放映でも混乱か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53078219

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリタイヤ、「データないインドGPは保守的に」:

« エクレストン氏、F1の安全性に自信みせる | トップページ | インドGP、テレビ放映でも混乱か »