« メルセデスGP、次々とスタッフ強化図る | トップページ | ウェバー(レッドブル)、「スタートミスの原因はタイヤにも」 »

2011/10/01

ザウバー・チーム、可夢偉のホームGPに大幅改良

James Key (C)Sauber Motorsport
拡大します
来週末行われる日本GPは、言うまでもなく日本人ただ一人のF1ドライバーである小林可夢偉のホームグランプリ。
これに合わせ、同チームではポイント獲得を確実なものとするため大幅なバージョンアップを図っていることを明らかにした。

同チームのジェームズ・アリソン/テクニカル・ディレクターは、「鈴鹿に向け、新開発のフロアパネルサイドポッド、リヤウィングなどエアロダイナミックスの投入や、ブレーキにも改良を図り、このところ続いている不振から脱却をしたいと考えている。
また今年、厳しい経験をした日本のサポターのためにも、ぜひとも可夢偉と共にポジティブな結果を届けたいと願っている」と、述べた。

ここ4戦、ザウバー・チームはわずかに前戦でペレスが獲得した1ポイントだけで、コンストラクターズ・ランキングではすでにフォース・インディアに逆転を許したばかりかトロ・ロッソにも追い上げられている。

|

« メルセデスGP、次々とスタッフ強化図る | トップページ | ウェバー(レッドブル)、「スタートミスの原因はタイヤにも」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52876953

この記事へのトラックバック一覧です: ザウバー・チーム、可夢偉のホームGPに大幅改良:

« メルセデスGP、次々とスタッフ強化図る | トップページ | ウェバー(レッドブル)、「スタートミスの原因はタイヤにも」 »